<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
岸部眞明さんの映像
10月11日はいよいよ待ちに待っている岸部眞明さんのライブですよ。

釧路市川上町 ガソリンアレイ
19時開演   前売り2500円

約1年ぶりです。
今回はきっと奇跡の山〜富士山の中からセットリストを作ってくると思いますが、「流れ行く雲」の運指をじっくり見るのが楽しみです。
それと「風、走る」もやってくれるかなぁ。


じつはYouTubeでkishibe masaakiで検索してみたらヒットしました。
「風、走る」と「花」を演奏しています。音は・・・最悪です(笑)。
「風走る」はこの映像を見る限りすごくすごく簡単そうに見えます。ボクはこの半分の速さでも弾けません。とんでもないです。


岸部眞明さんの映像c0002256_19511227.jpg





使用ギターはモーリスです。
岸部さんは曲の合間に胸ポケットから何かを出そうとしていますが、なかなか出ないです。
結局何を取り出そうとしたのか、未だに分かりません。気になります。

中川イサト御大も冒頭に出ています。どうやら英語で話し始めたところのようです。海外ツアーも結構こなしているので、英語も日常会話くらいは話せるそうです。でもきっと大阪弁英語なんでしょうね(笑)。

その他中川イサト師匠、アンディ・マッキー、Jacques Stotzemさんらの映像があります。
2003年の台湾ツアーの様子なんですね。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-28 19:54 | ギター
夜想曲(岸部眞明作曲)
プレイヤーズ王国にて
曲名:夜想曲(岸部眞明作曲)

アコースティックギター演奏・・・河太郎

が公開されました。
時間があれば是非聴いてみてください。
演奏はKUWANOギターを使いROLAND 09-Rの内蔵マイクで録音。Macの編集ソフトで間違ったところを削除しながら繋ぎ、そのソフトでリバーブをかけて完成させました。
音質と演奏はけっして良いものではありません。どちらも難しいですね。

下をクリック!
プレイヤーズ王国(夜想曲)
※再生にはプレイヤーのダウンロードが必要です。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-26 19:43 | ギター
そう若くない男女の姿
 1ヶ月にわたって練習してきた「夜想曲」を先日やっとプレ王に登録しました。
公開されるには数日間かかるでしょう。

 演奏の方は納得のいかない部分はあるにせよ、早く区切りをつけないと次の曲にいけないのです。暗譜は出来ているものの完奏できなかったので、2回に分けた演奏となってしまいました。でも聴くぶんにはつなぎ目は分からないと思います。音楽編集ソフトというのは大変便利ですね。そしてリバーブをたっぷりかけたので、大ホール?での録音となりました(えへへへ)。

 しのっぴさんにこの曲のイメージ(「窓のカーテンを揺らして、風が静かに滑り込む部屋の中。
ワイングラスを手に、ゆっくりとステップを踏む、そう若くない男女の姿」)を授けられて、それを意識して練習していました。(この「そう若くない」がイイですね。)妻に雰囲気が出ているよと褒められたのでチョットいい気になっています。

 ギターを始めてもうすぐ4年になります。自分でいうのも何ですが、以前に録音した曲と較べてたら、すこしずつですが成長しているのだなと感じています。これまたチョット良い気分です。

 実は自分なりの目標としていた「10月の岸部さんライブまでに、あと3曲は弾けるようになる」が実現不可能な状態です。あと二十日あまりではあと1曲でしょう。次の曲はまだ決めていません。弾きやすい曲を練習しようかなと思います。
それともコータローさんの曲を?!だとしたらバラードがいいですね。お薦めは何でしょう。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-22 22:47 | ギター
第4回道東マンドリンフェスティバル in 帯広
 このブログを見ている方(非常にマイノリティでしょうが)がもし帯広在住なら是非、

第4回道東マンドリンフェスティバル
9月23日(土)18:30開演  帯広市民文化ホール (なんと入場料無料です)

を聴きに来てください。

マンドリンっていってもフラットマンドリンではなく、クラシックや演歌などに良く使用するラウンドマンドリンです。こんなやつ。
c0002256_2144229.jpg


マンドリンは
音色がいいですよ。

 世間一般のマンドリンのイメージは一人でちょろちょろと弾くかわいらしい楽器のイメージですね。確かにトレモロという奏法で優雅に美しくBGM風に弾く曲もあるのですが、現在のマンドリンを愛好する団体が演奏する曲は、そうではないズシーンとくる曲、おおこれはっ?という曲(意味わかんねぇ)がたくさんあるのです。
 今回は第2部の合同演奏では60名近くのマンドリン、ギター、コントラバス(フルート、オーボエ、クラリネット、パーカッションを含む)で演奏します。
 この演奏会のために北海道の各地から片道2時間、4時間(いや6時間の人も)をJRや車で集まって(北海道は広いんです)合同練習4回と2泊3日の合宿を重ねて練習してきました。
演奏レベルは・・・・、いやまともですよ。交通費をかけて聴きにくるに値します!
お近くの方は是非聴きに来てください。


 イタリア生まれのこの楽器。イタリアのカンツォーネっぽい明るい恋の曲がマンドリンに一番合うし僕の好きな曲なんです。釧路マンドリンアンサンブルではそんな曲を演奏します。

あっ、酒がなくなった。買ってこよう。
c0002256_2231224.gif

[PR]
by kawataro-life | 2006-09-20 22:17 | マンドリン
スルメ曲
岸部さんの「夜想曲」を一ヶ月、こればっかり練習している。
しかし一向に満足できる状態にならない。

おかげで他の曲をすっかり忘れてしまった。

「夜想曲」はスルメ曲だ。

練習すればするほど、この曲の良さが分かってくるし、その難しさも感じてくる。

いやー、いい曲だ。でも、弾けん。
c0002256_22235629.jpg



以前の”スルメな曲”  「眠れない夜に」
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-18 22:26 | ギター
子ども達も寝静まったことだし・・ウシシシ
まな板に載ったサンマ。
c0002256_23104453.jpg



このつぶらな瞳に情けはかけられぬ。
c0002256_231115.jpg
御免。 覚悟はよいな。



釧路産のさんまが見事に三枚に。
c0002256_23113535.jpg



ウシシシぃ・・・^_^
c0002256_23111975.jpg

しょうが醤油が合いますね。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-17 23:19 | 食事
弦交換
c0002256_16494580.jpg

弦交換もずいぶん慣れてきた。今では十五分ほどで終わる。以前は30分はかかっていた。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-16 16:49 | 興味・関心
こりゃ、酒がすすむぞいっ!
ニシンの切り込みではないのです。
c0002256_2225787.jpg

サンマですよ。サンマの切り込み。
甘めですわ。マックスバリューで見つけました。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-12 22:23 | 食事
KUWANOギター シリアル#006
c0002256_21424442.jpg
Blue-Gさんで
KUWANOギター シリアル#006(2006年4月完成品)が売り出されています。
サイド&バックはインディアンローズ(ダブルレイヤーサイド)

なんと今度はウェーバリィペグがついています。
ヘッドも細身。ブリッジも小さくなっています。
カッタウエイではないけれど、このボディの形、好きなんだよね。
私のギターの兄弟ギターがどんどん出来ていくのは嬉しい。

詳しくはこちらへ・・・・
Kuwano VL ローズ (2006)
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-11 21:46 | ギター
押尾コータローライブ
押尾コータローライブに行ってきました。

いや〜〜すごいの一言に尽きます。
コータローさんはまさしくエンタティナーだわ。


会場にギリギリ到着。
是非とも一曲目から聴きたいということで夕食のお蕎麦は早食い競争。
なんとか間に合いました。

1000人のキャパを持っている会場。
まず、その会場が満席なのに驚きました。
そして年齢層は子どもからご老人まで・・・老若男女。
はじめはご老人達にコータローさんは大丈夫かなと心配しましたが、セットリストが万人受けする内容ですもの心配無用だったと思います。十分楽しめたんではないでしょうか。

なんせ ラ○○体操しちゃったし。
ババンバ、バンバンバンだし。ちょーさんの真似がとっても上手い!
(あんまり書くとネタバレしちゃうので)
いつものメンバー紹介もパワーアップしていたような。

使用ギターはMartin D-28GEから始まり、NewグレーベンD、OM(これがオーダーしていたオリジナルモデルかな?)、亀岡ギター。Gibson L-Gは登場しませんでした。

”チーム押尾”には舞台照明担当者がいます。ライブではその照明効果を十分に堪能できました。一人のステージでも十分派手さがあったのは照明の御陰もあると思います。

バラバラ弾いているのを見ると、コータローさんの曲をまた弾いてみたくなった。
あれだけ目の前で弾かれると、自分も弾ける気がしてきて、
帰ってから例のSTARTING POINTの譜面を見てみたけれど、やっぱり目が点(・_・)。
[PR]
by kawataro-life | 2006-09-11 20:15 | ギター
  

kawataroの日々の生活を記録します。(アコースティックギターに関することが多いでしょう)
by kawataro-life
プロフィールを見る
画像一覧
UNICLOCK
最新のトラックバック
【狭窄性腱鞘炎】について..
from 病名・病気・医学のブログリンク集
GVB-35 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
BOSS TU-80 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
ピッキングとは?
from ピッキングとは?
http://oosjo..
from oosjoo
富士山と岸部さん
from Dozeのほほん日記
カーリング解説の小林さん
from ワンコとギターに囲まれて…
竹内さんは右手首を20度..
from 秀ボーの詩的関心事
JASRAC登録
from ワンコとギターに囲まれて…
はじまりのおわりのはじま..
from ギタア彈きの杞憂
ファン
ブログジャンル
画像一覧