<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
想定の範囲内
 F-CMにやっぱりウエザーチェックが入った。
初めての北海道での越冬だったので入るかなとは思ってはいたが。

冬場、暖房をガンガンかけているので最悪、クラックも覚悟したがそちらの方は大丈夫だった。

シーガルはウエザーチェックが入りやすいと、どこかのサイトで目にしたことがある。


けっして、音に影響するわけではないので問題なし。

ちょっとくやしいが
「想定の範囲内」ということで。


・・・・・これ、今年の流行語大賞決まりっ!(チョット早すぎかぁ?!)c0002256_15541133.jpg
c0002256_15542656.jpg
c0002256_15544199.jpgc0002256_15545420.jpg

[PR]
by kawataro-life | 2005-03-30 17:44 | ギター
高校野球〜校歌〜アコギスト吉川忠英さん
駒大苫小牧高校が負けたな。
1安打完封負けか。
こりゃ相手ピッチャーを褒めるしかない。
夏春連覇は夢となってしまった。・・・というかこれは本当に難しいことなんだよな。
夏春連覇はこれまで4校しかないらしい。(春夏連覇は5校)


 ところで、相手高の神戸国際大学付属高校校歌の作曲者は吉川忠英さんだった。

吉川忠英さんといえば日本を代表するアコギスト。
西の中川イサト、東の吉川忠英といわれる。

 忠英さんはスタジオミュージシャンでもありながら、ギターインストアルバムも数多く出している。
ぼくも 「Acoguist」「ARROWS」「STARRY-EYED」の3枚を持っているが、いずれも大人のギタリスト忠英ワールドを堪能できる。弾いてみたい曲もあるのだが、ダブ譜は発売されていないので練習できず。(アコースティックギターマガジンには過去にタブ譜が掲載されたらしい) 「Acoguist」に入っている田中真紀子元外相の応援曲「MA・KI・KO」がイイ(本人はあまり好きではないが(^_^; )

校歌を作曲した有名人のページを見ると小田和正さんや遊佐未森さんも校歌を作っているんだね。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-29 18:43 | ギター
受難のミサ
 知らなかったが・・・・

過日の3月25日はキリストが十字架にかけられた日らしい。
カトリックの暦では、この時期はクリスマスよりも盛大なイベントの連日らしい。

日本26聖殉教ミサによる悲愴序曲「受難のミサ」 鈴木静一作曲

このマンドリンのためにかかれた曲を練習(僕は指揮)した。

数多くの映画音楽を担当している鈴木静一氏の曲は映像をイメージしやすい。


 今日練習した曲の冒頭部分は「これから何か大変なことが起きる・・・」ことを予感させる部分。
曲を演奏する時にはできることなら作曲者と曲のイメージ・意識を共有したい。
完全一致する必要はないが共有したい。

「パッション」

昨年公開された俳優メル・ギブソン。彼が12年もの構想歳月を費やし、約30億円という私財を投じて完成させた渾身の衝撃作。

「パッション」とは、キリストの「受難」。

ユダヤ人団体から猛烈な抗議行動が起き、史実に忠実な描写はあまりに残虐なシーンとして、実際にショック死する観客も現れたという問題作だ。

僕はまだ観ていない。

今度、演奏メンバーでこの映画の上映会をしたい。
できることなら共通のイメージでこの曲を弾きたい。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-28 23:29 | マンドリン
G7th カポ
c0002256_16234826.jpg
先日、G7th Performance Capoをヤフオクで4000円で落札。
このカポは昨年、発売時から評判のカポだ。
その美しいフォルムもさることながら簡単な装着やその時のチューニングの狂いが少ないということだ。

実際使ってみたら・・・・

付けるのは指の力で締め付ける方式。このメカニズムで特許をとっているらしい。
そして、問題のチューニングの狂いだが、確かにそんなに狂わないぞぉ。5フレットくらいだと若干2,6弦が狂うが、2フレットだと大丈夫(僕は)。ビクターカポと比較してみると確かに狂いは少ない。

でも、・・・なぜ?
c0002256_1721271.jpgc0002256_1723327.jpg
僕はゴムの材質と締め付けメカニズムにその答えがあるとみた。
ゴムは柔らかいウレタンゴム。それと必要以上に締め付けることができない構造。

つまり写真の赤丸部分の弦の角度がG7thだとあまりない。
ビクターカポはつい締め付けてしまいたくなるのでフレットでの弦の曲がりがきつくなるのだ。
おそらく長年使っていてゴムが堅くなってしまったらきっと他のカポと同じになってしまうだろう。
・・・・とかいたが実は理論的な実証はなにもない(^_^;
そして、カポがどんなに良くても、演奏が上手になるということもない。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-28 18:24 | ギター
Baby's Eyes
アコースティックギターフィンガーピッキングスタイル自演録音
ついに10曲目になりました。(;^_^;;)

今回も、もちろん岸部眞明さんの曲で「Baby's Eyes」です。タイトルがとっても素敵なので一生懸命練習して弾けるようになりたいと思いました。

この曲はメロディラインを流れるように弾きたいのですが、それが難しいです。
指が縺れてしまいます。やっぱりスケール練習などのキソ練をしっかりしないとダメですね。


 こうやってネット上で自分の演奏を公開していることを、岸部さん本人には一応、了解を取っているのですが、私の下手な演奏を聴いた人は「なんだ、こんな曲かぁ」と思われてしまいそうで岸部さんやイサトさんには申し訳ないとも思っちゃいます。
でも実際の曲はスゴクいいんですよ。イヤ本当に。

現在岸部さんのホームページでアルバムの中から4曲だけ聴けるようになっています。是非、本物を聴いてみてください(残念ながら音質は良くないです)。

あっ、そうそう。もう少しで4枚目のアルバムが出るそうですよ。
すんごく楽しみです。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-26 17:22 | ギター
マーチンかあ?! (^_^;
ギターケースを開けて、ヘッドが目に入った時はドキッとした。
おっ! マーチンかぁ!
おばあちゃんが数年前にゴミステーションで拾ってきたギターを持ってきてくれた。

良くやった、ばあちゃん!

しかしよく見ると「Mountain」
c0002256_21212395.jpg
ロゴも似せてあるので、一瞬だまされてしまった。(^_^;
んなわけないよなぁ。

このギターをネットで調べてみると、現在ヘッドウェイの百瀬氏も在籍していた林ギターのブランドらしい。カタログはこちら。
c0002256_21214554.jpg
c0002256_212159100.jpg
シリアル番号の横にS49と刻印がある。
ほとんどケースから出されていないらしく、その割には塗装の状態はよい。
しかし残念なことに弦を張りっぱなしだったせいだろうかサドルのところでトップがモッコリ膨らんでしまっていて弦高が異常に高くなっている。
これでは演奏ができない。ヤフオクでもジャンク品としてしか出せないだろう。

ということで、やむなく処分!4月1日からゴミ回収が有料になるので急がねば。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-23 21:51 | ギター
ラーメン山岡家
 久しぶりにラーメンを食べに行った。c0002256_2195491.jpg
ここは小上がりが広いので僕たちみたいな子供連れにはありがたい。

僕の定番は味噌、太麺、堅め、コッテリスープ。

ラーメン山岡家の太麺は普通の太麺より太く縮れてはいない。
これを堅めで注文するとかなり噛み応えがある。でも、こうすると麺のおいしさが口に広がる。c0002256_2110730.jpg


写真は少し食べた後(^_^;

本当はちゃんと具がいろいろ乗ってます。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-22 21:16 | 食事
酒といえば
c0002256_20144586.jpg今飲んでいる酒がこれ。
昨年からよく飲む酒。
好みの酒。

ちょいと酔い始めているので、文章短め。

じゃっ!(#^.^#)
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-20 20:17 | 食事
ビキニとサングラス
アコースティックギターフィンガーピッキングスタイル自演録音
         な、ながい・・・・・・(^_^;
の9曲目は(まあ、良くも飽きずにと言われるかもしれませんが)またまた岸部眞明さんの曲

「ビキニとサングラス」です。

2nd Album「GROWING UP」の中の曲。

タイトル通りの夏向きの曲ですが、今は春です(笑)。こちらでは昨日雪も降りました(爆)。
気にせず聴いてください。

これも何回も何回も何回も録りなおしましたぁ。
下の娘が3時間ほど昼寝をしてくれたのでこの時ぞとばかりに一気に録りました。
速い曲は難しいです。後半は疲れてセーハが甘くなってました。


「ビキニとサングラス」・・・・・演奏はこちら
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-19 22:38 | ギター
トライアングルブレイシング
”いるかや”さんに

M.SHIOZAKI・Free Style No.1

が入荷した。

フリースタイルの名の通り、シーガル弦楽器塩崎氏がおもむくままに材料の選択、自由なボディー形状、ブレイシング(音決め)等をして制作されたものだ。

ビックリしたのはそのブレイシング。
「トライアングルブレイシング」とでもいうのか、今まで見たことがないブレイシングだ。
シロート考えではこんなに貼り付けたらトップが振動しないのでは?と考えてしまうが、そこはハンドメイドギターの巨匠と呼ばれている氏のことだ、あの形には当然意味があるのだろう。

それにしてもデザインが素敵だし写真で見る限りではあるが、丁寧な仕事をしているなぁ。
[PR]
by kawataro-life | 2005-03-19 09:58 | ギター
  

kawataroの日々の生活を記録します。(アコースティックギターに関することが多いでしょう)
by kawataro-life
プロフィールを見る
画像一覧
UNICLOCK
最新のトラックバック
【狭窄性腱鞘炎】について..
from 病名・病気・医学のブログリンク集
GVB-35 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
BOSS TU-80 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
ピッキングとは?
from ピッキングとは?
http://oosjo..
from oosjoo
富士山と岸部さん
from Dozeのほほん日記
カーリング解説の小林さん
from ワンコとギターに囲まれて…
竹内さんは右手首を20度..
from 秀ボーの詩的関心事
JASRAC登録
from ワンコとギターに囲まれて…
はじまりのおわりのはじま..
from ギタア彈きの杞憂
ファン
ブログジャンル
画像一覧