マーチンマンドリン 修理編 その1
リペアに出すことを11月6日の記事にしたマンドリンだが、結局予定の修理金額の倍以上掛かるということなので、ヤメにしたのが1ヶ月前。

返送された後、さらに乾燥させ、クラックを最大に広げてから自分でリペアすることにした。

Martin Bowlback mandolin はクラックが表面板に一カ所。バックのリブに一カ所ある。それぞれ20cm、30cmとかなり長く亀裂が入っている。

まずはリペアに必要な材料と道具の調達だ。

乾燥するに従って、表面板のクラックが、接着剤だけでは埋まりきらないくらいの幅になったので、スプルースを薄く切って埋めることにした。

ちょうど良いスプルース材があったので、それをカンナで削って埋め込む。



c0002256_20434157.jpg


上は、ホビー用のカンナ。普通のカンナは大きすぎてこれくらいのが使いやすい。
左奥の細長いのが埋める材。


隙間は太い場所で0.5mmくらい。細いところは0.1mm。
いくつか作って埋める隙間の幅に一番ぴったりはまるものを決める。

c0002256_21331732.jpg

[PR]
by kawataro-life | 2009-12-26 21:33 | マンドリン

kawataroの日々の生活を記録します。(アコースティックギターに関することが多いでしょう)
by kawataro-life
プロフィールを見る
画像一覧
UNICLOCK
最新のトラックバック
【狭窄性腱鞘炎】について..
from 病名・病気・医学のブログリンク集
GVB-35 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
BOSS TU-80 ギター
from エレキ及びアコースティック・..
ピッキングとは?
from ピッキングとは?
http://oosjo..
from oosjoo
富士山と岸部さん
from Dozeのほほん日記
カーリング解説の小林さん
from ワンコとギターに囲まれて…
竹内さんは右手首を20度..
from 秀ボーの詩的関心事
JASRAC登録
from ワンコとギターに囲まれて…
はじまりのおわりのはじま..
from ギタア彈きの杞憂
ファン
ブログジャンル
画像一覧